BOLT



『BOLT』『LIFE』『GOOD YEAR』の3つのエピソードで構成された本作は、2015年から2017年にかけて製作された。監督は、『夢みるように眠りたい』『我が人生最悪の時』『弥勒 MIROKU』などを手がけてきたほか、プロデューサーとしても活躍する林海象。主演は、林海象と何度もタッグを組んできた盟友、永瀬正敏。そのほか、佐野史郎、金山一彦、後藤ひろひと、大西信満、堀内正美、月船さららが脇を固めるほか、佐藤浩市が声の出演を果たした。現代美術家、ヤノベケンジが香川・高松市美術館に創り上げた巨大セットや防護服などの近未来的なデザインも圧巻。


■あらすじ


ある日、日本のある場所で大地震が発生。その振動で原子力発電所のボルトがゆるみ、圧力制御タンクの配管から冷却水が漏れ始めた。高放射能冷却水を止めるため、男は仲間とともにボルトを締めに向かう。この未曾有の大惨事を引き金に、男の人生は大きく翻弄されていく。

ーーepisode1.BOLT

大地震の影響で原子力発電所のボルトがゆるんだ。冷却水が漏れ始めた圧力制御タンクの配管のボルトを命をかけて締めに向かう男たちの物語。

ーーepisode2.LIFE

原発事故後、避難指定地区に独り住み続けたひとりの老人が亡くなった。遺品回収に向かった男が直面する現実。

ーーepisode3.GOOD YEAR

クリスマスの夜、車修理工場に暮らす男の前に現れた一人の女。夢か幻か。


■キャスト


ーーepisode1.BOLT

長瀬正敏 / 佐野史郎 / 金山一彦 / 後藤ひろひと / 金山一彦 / テイ龍進/ 金山一彦 / 吉村界人 /

佐々木詩音 / 月船さらら / 佐藤浩市(声)

ーーepisode2.LIFE

大西信満 / 堀内正美

ーーepisode3.GOOD YEAR

月船さらら


■スタッフ


●脚本・監督:林海象

京都府京都市生まれ。映画監督、映画プロデューサー、脚本家。東北芸術工科大学教授。

映画では『夢みるように眠りたい』『私立探偵 濱マイク 3部作』『探偵事務所 5シリーズ」『彌勒』、テレビドラマでは『黒蜥蜴- BLACK LIZARD-』他、作品多数。2019年、監督作品『BOLT』が「第22回上海国際映画祭」のパノラマ部門(受賞対象外の話題作品)の正式招待作品として上映。2020年、監督デビュー作である『夢みるように眠りたい』が、「英国映画協会が選ぶ、1925~2019年の優れた日本映画95本」の1本に選出。また、映像のみならず舞台の世界でも活躍の場を広げており、2019年には舞台『ロストエンジェルス』の演出を、2020年には舞台『かげぜん』の演出を手掛けた。

●プロデューサー:根岸吉太郎

●美術:ヤノベケンジ / 竹内公一 / 磯見俊裕

●撮影:長田勇市


ーーepisode1.BOLT

●プロデューサー:根岸吉太郎 / 林海 象 / 大和田廣樹 / 鈴木仁行  

ーーepisode2.LIFE

●プロデューサー:根岸吉太郎 ●監督補助:杉山嘉一 

ーーepisode3.GOOD YEAR

●プロデューサー:根岸吉太郎 ●協力プロデューサー:宇津井武紀 









BOLT|2019年|80分|脚本・監督:林海象

制作:東北芸術工科大学

製作・著作:レスパスビジョン / ドリームキッド / 海象プロダクション